古いセダン車こそ要注意な理由とは?

 
最近は非常にお年寄りによる交通事故が多いです。

ブレーキとアクセルを間違えたという事故は日常茶飯事。何も珍しくありません。
コンビニがよく突っ込まれる舞台となっています。

また高速道路の逆走も跡を絶ちません。
恐ろしい時代です。

そういったことで不意の事故を避ける方法をお知らせしましょう。

古いセダン車は避ける


これはお馴染みですね。
古いセダン車というのはお年寄り率が非常に高いです。

年配の男性が乗っている確率は何と9割超と危険です。

例えば5ナンバーサイズの古めのセダン車は注意したいところ。
こういった車種は古いので自動ブレーキシステムもついていません。

今後は自動ブレーキ類を必須にするという案もありますが新しい車の率というのはどれだけあるのか…。

最近の新車価格は高騰していて容易には買い替えが難しいです。
仮に自分は新しい安全機能が付いている車を買ったとします。
しかし世の中は安全装備がほとんどついてない車だらけ!これでは自分だけ安全に備えても意味がないでしょう。

自分が自動ブレーキで止まっても後ろから追突される世の中なのです。

余りにも不条理ですね。しかしこれが現実であり、古いセダン車に自動ブレーキが付いている訳がありません。

セダンって何?


さてここでセダン車って何について解説しておきます。

セダン車とは4ドアの後ろにトランクが付いているタイプです。
昔のタクシーの形と言えば分かるでしょうか…?

セダンは今ではオジサンが乗る車というイメージが強く若者は選択しない車になっています。
高級車は格好良いかもしれませんが、普通のセダンはオジサンっぽい、かっこ悪いということになってしまいました。

ちなみに今のプリウスはハッチバック型と言ってセダンと言われることもありますが微妙に違いはあります。
最も新しいプリウスであれば自動ブレーキが付いていて、古いプリウスはついてません。
今タクシーがプリウスになっていますがこちらは一代古いタイプのプリウスということになります。

お店で注意することとは?


さて実際に注意するべき点とはお店ではセダン車が来たら逃げることです。
コンビニであれば向こう側がガラスで見えますよね。
セダンが出発しようとしたら逃げましょう。

突っ込んでくるかもしれませんから。
これで店内に突入してくる事故が後を絶ちませんし、とにかく逃げることです。

年齢を経るごとに運動神経が悪くなっていきます。
混乱すると何をするのか分からなくなるのでブレーキとアクセルを踏み間違えてしまうでしょう。

事故遭遇は運だ?


最後に事故遭遇とは運です。
残念ながら結論としてはそうなります。

しかし注意できる部分は少なからずあることから何とか避けるように努力しましょう。

さてこのサイトは以下の協賛サイトより運営されています。

車買取 山形